茨城県のスズキ正規ディーラーサイトです。

お知らせ(その他)

アリーナ水戸平須の日々

2011.02.09

「コレって何?」Part1.”パンク修理キット”

今、スズキの車には、パンク修理キットなるものが、入っております。

なぜ、スペアタイヤじゃないの?

という声をよく聞きますが、それは、計量化して、

少しでも燃費をよくするためなんです。

 

MPワゴン、パレット、パレットSW、ラパン、

ワゴンR、スティングレー、ソリオ

この上記7車種がパンク修理キット搭載車種になります。

今回はその使い方を写真で説明しようと思います。

ラゲッジスペース

裏のトランクを開けると、こんな風になります。

このフタみたいなところを開けると・・・?

オープン

 

この両端にある、白いボトルと、黒い機械を使います。

黒い機械って響きがガ○ツみたいですよね笑

広げるとこんな感じになります。

もし、パンクしちゃったぁ!!って時は、落ち着いて、これを使ってください。

まず、パンクしたタイヤのキャップをはずして、中のコアを取ります。

コアとり

ちゃんとはまるので、まわして外します。

コア

するとこんなものが出てきます。

そしたら、チューブをバルブに突っ込んで、

修理剤注入

中の液を全て入れます。

この時、チューブはバルブの奥まできっちり入れないと

漏れてしまう可能性があるので、注意して下さい。

全部入れたら、エアコンプレッサーで、空気を規定値まで入れて下さい。

コンプレッサ

車内のアクセサリーソケットにプラグを入れれば使えます。

空気を注入後、10分間、もしくは5kmほど走行していただき、

再度コンプレッサーで空気圧を確認して下さい。

そして、ステッカーを見やすい場所に貼って

ステッカー

完了★

ただ、これで完全に治るわけじゃないので、

すぐに車を買った販売店に行き、タイヤの点検を行ってください。

分からないことがあったらスタッフまで質問して下さい。

  • 0

posted by スズキアリーナ水戸平須  | 2011年2月9日
店舗情報へもどる